何仙姑

最後に登場する酒仙。ある日のこと「雲母の粉を食べると体が軽くなって不死身になれる」という夢のお告げ通りに山へ行って雲母の粉を食べて仙人になった。豆腐屋の娘であったという。レンゲの花を持っている。

何仙姑
何仙姑(映画の極意書をIllustratorで模写)

腰を振り、相手を悩殺する女酒仙

映画『ドランクモンキー酔拳』吹替:石丸博也×小松方正 版
何仙姑
何仙姑(下書き)
タイトルとURLをコピーしました